アーティスト・クリエイターの会計問題

イラストレーターや漫画家をはじめ、動画投稿などで近年注目を集めているクリエイター。仕事の合間にコツコツと活動し、月16,000円〜の利益(収入−経費=利益)を得ている人は「確定申告」が必要です。

副業で20万円以上の収入

Kindleでの販売やYoutubeなどの動画配信で、思った以上に収入が増えた方もいらっしゃると思います。

Youtuberのゲーム実況でよく見かける、視聴者からのスーパーチャット(スパチャ)は高額になりやすく、定期配信でかなりの収入になる方も。

「申告しなくてもバレないのでは?」と思いがちですが、意外なところから「脱税」が発覚します。

  • 取引先の企業(販売委託先や広告会社など)
  • 動画の再生回数
  • 同業者のタレコミ

動画配信会社や販売委託先は誰にいくら払ったか帳簿を提出しているため、そこから調査が入ります。

こちらのケースでは電話での情報提供により発覚。勤務先によっては「副業禁止」の場合も。115万円の収入であれば経費を差し引いても「確定申告」は必須。もし申告しなければ「脱税」という立派な犯罪になってしまいます…。

大手企業では副業が解禁されはじめていますが、不動産や株のみなど副業の条件を設けているところもあります。中小企業では副業が全くダメな場合もあるので、職場への確認は必須。

20万円以下でも住民税の申告が必要

副業の収入が20万円以下で確定申告の必要がなくても、住民税の申告は必要です。

確定申告を行えば申告した内容が税務署から市区町村に通知されるため手続きは不要ですが、確定申告をしないのであれば役所で住民税の手続きを行う必要があります。 

住民税は一律で所得の10%と定められており、副業の所得が20万円の場合、その所得に対する住民税は2万円となります。

無料で帳簿がつけられる

会計ソフトの大手「やよいの白色申告 オンライン」と「やよいの青色申告 オンライン」。

確定申告には「白色申告」「青色申告」の2種類がありますが、副業の方は「やよいの白色申告 オンライン」を利用します。

フリープランだとずっと無料で使えるがすごい!

項目を選んで金額を入力するだけなので、無料のフリープランで全然大丈夫です。ソフトの操作方法さえわかれば日々の「帳簿記入」から「確定申告」までがかんたんに行えます。

副業から本業になり「青色申告」に切り替える際も、「やよいの青色申告 オンライン」へかんたんにデータ移行ができるので、まずは「やよいの白色申告 オンライン」からはじめてみるのをおすすめします。

関連記事

漫画家や商業作家としての印税、同人誌やグッズの売上げ、イラスト製作費など、作家活動の収入が本業で48万円、副業で20万円以上ある方は、確定申告の義務があります。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://[…]

事務処理が全くわからない

「何から手をつけていいのかわからない」

「忙しいのでできれば誰かにやってほしい」

知り合いや身内に「簿記」が出来る人がいれば少ない金額で引き受けてくれる場合があります。しかし誰も知り合いがいない場合は「税理士」に相談することになります。

とはいえ、近隣の税理士事務所にいきなり電話するのも気が引ける…。

そういう場合はまず税理士ドットコムで自分にあう税理士探しましょう。

契約を結ぶ税理士と出会えるまで費用も発生しないので、気軽に利用できるのが嬉しいところ。

  • 業種・売上規模など
  • 税理士への報酬にあてられる予算
  • 税理士に依頼したい業務内容(記帳代行、節税のアドバイス、経営コンサルティングなど)

話したい内容を整理してから相談に伺いましょう。もちろん相談は無料です。

できればお金をかけたくない

帳簿をつける時間がおしいのは全員共通の悩みでもあります。しかし経理業務を甘く見ていると、確定申告の書類作成に何週間も費やすハメに。

税理士に毎月支払う予算はないけれど、できれば誰かに手伝ってほしい…。

そういう方は必要なときだけ経理をお任せするのもアリです。

領収書を整理してくれるプランもあり、業務の手間がはぶけます。

問い合わせがフリーのメールアドレスだと届かなかったこともあるようなので、加入しているプロバイダのメールアドレスや携帯会社のキャリアメールなどで問い合わせすることをおすすめします。

もちろん問い合わせや資料請求は「無料」です。

おわりに

クリエイターは時間の確保が死活問題で、なるべく会計業務はかんたんに済ませたいところ。

毎年確定申告の時期になるとあわてている人を見かけますが、収入・支出があるたびにソフトへ入力しておけばあわてずに済みます。

私は「やよいの青色申告 オンライン」を利用していますが、iPadを使って気軽に入力できるので、かなり時間の削減に。

家計簿をつけるのと同じような感覚でできますので、まずは「やよいの白色申告 オンライン」からがんばってみてはいかがでしょう?

最後までお読みいただきありがとうございました。